[16] tp09-RSIチャートの使用方法
tp09 RSIチャート

(1)RSIチャートとは
 ある一定期間の相場について売られすぎ、または買われすぎといった相場の
過熱性をRSI(RelativeStrengthIndex:相対力指数)で見ることができます。

 具体的には、過去一定期間の上げ幅(前日比)の合計を、同じ期間の上げ
幅の合計と下げ幅の合計(いずれも絶対値)を足した数字で割って100を掛
けたもので、0%から100%の範囲で推移します。たとえば14日間のRSIが
「75」ならば、14日間で見た上昇した日の値幅の合計と下落した日の値幅の
合計の比率が「75:25」になっていることをあらわします。


(2)RSIチャートの見方
 一般的にはRSIが30%割れは売られすぎ、70%以上は買われすぎと言われ
ています。なお、株価が出来高を伴って上昇を続ける場合、80%を過ぎても
株価の上昇は続くケースがあります。

(3) 実行指定ダイアログから制御
(図tp09-1 リボン表示例)


(図tp09-2 制御ダイアログ表示例)



(4)RSIチャート例
(図tp09-3 RSIチャート例)




【戻る】    【HPへ】