[13] tp06-出来高大チャートの使用方法

(1)出来高大チャートとは
 株価の上昇は人気投票と同じで、何かの話題が出て人気が出れば一機に暴
騰するケースはよくあります。この人気度を見る簡単な方法は「出来高」の
チェックです。出来高とは株式市場において株券の売買が成立した数量のこ
とです。

あまり知られていませんが出来高の解析を中心に株価を予想する手法も
あります。ここではその手法を2つ紹介します。1つめは「出来高が急増し株価
の値下がり率が大幅落下」を狙うケースで、サンプルツール「tp06出来高大」
で説明します。

 2つめは「好業績にもかかわらず多くの人の目からはずれて出来高が少なく
なることがあり、株価もかなり安くなっている」というケースを狙う方法です。
 2つめは出来高が少なくなるケースなので日本語的には「出来高少」とす
ベきですが、1つめを「出来高大」としたのでわかりやすくするため対照的に
「出来高小」と名付けました。「tpO7一出来高小」で詳しく説明します。

(2)出来高大チャートの見方
[1]当日の出来高を直近5日間出来高平均と比較
 出来高が増えるということは、上がるにしろ下がるにしろ大勢の人が売買に
参加していることを示しており、人気のバロメーターとして使用できます。
 ●2倍以上あれば理想
 ●2日続けて急増の場合は底値の確率が高い

[2]前日終値と当日の始値との下がり率
 短期間での反発を期待して購入する場合は、そのとき株価が下がってい
ないと反発が鈍くなるので大きく下がっているほうがよいとされます。

[3]過去の高値と比較
 株価は一般的に過去に付けた高値まで戻す可能性があります。したがって
過去数ヶ月間の高値と比較し乖離率が】大きい場合は安心して購入できます。

[4]過去の安値と比較
 過去数ヶ月間の安値を調べ、それより下回っていればそこが底値の可能性
があり、特に大きな悪材料が出ていない銘柄であればこれからの上昇が
期待できます。

(3) 実行指定ダイアログから制御
(図tp06-1 リボン表示例)


(図tp06-2 制御ダイアログ表示例)



(4)出来高大チャート例
(図tp06-3 出来高大チャート例)




【戻る】    【HPへ】