[11] tp04-移動平均線チャートの使用方法
tp04 乖離率チャート

(1)乖離率チャートとは
株式投資における乖離率とは、移動平均線から株価がどれだけ離れた(乖離
した)かをあらわす指標で、%で表記します。

一般的に株価は移動平均線に向けて収束される習性があるため、移動平均
から大きく禿離した株価は買われすぎ(または売られすぎ)という判断ができ
きます。この乖離率で売買のタイミングを見極めることは非常に有効な手法
とされています。

(2)乖離率チャートの見方
日経平均株価における経験則では、以下のようになることが多いです
 日々線と25日移動平均線との禿離率が、
●+5%以上になると目先調整局面を迎える
●-5%以上になると目先反発に転じる
●+10%以上になると天井
●10%以上になると大底

(3) 実行指定ダイアログから制御
(図tp04-1 リボン表示例)


(図tp04-2 制御ダイアログ表示例)



(4)乖離率チャート例
(図tp04-3 移動平均線チャート例)




【戻る】    【HPへ】