[10] tp03-移動平均線チャートの使用方法


(1)移動平均線チャートとは
日々の株価は上がったり下がったりしますが、「移動平均線」とは一定期期間
の株価の終値の平均値を毎日計算してあらわした線です。比較的滑らかな動
きをするため、株価の一時的なプレに惑わされずに今後の株価の方向性をつ
かむことができます。

一般的には、短期と長期の2本の移動平均線がチャートに表示されます。そ
の種類は5日、15日、25日、75日、13週、26週などがあり、「日足チャート」
で見る場合は5日と25日、もしくは25日と75日の組み合わせが多く、
「週足チャート」では13週と26週が多く使用されています。

(2)移動平均線チャートの見方
 2本の移動平均線を見た場合、短期の移動平均線が長期の移動平均線を下
から上に突き抜ける状態を「ゴーげンクロス」といい、短期の株価の上昇速
度が長期の株価の上昇速度を上回っていることになります。

逆に、短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下に突き抜ける状態
を「デッドクロス」といい、短期の落下速度が長期の落下速度を上回ってい
ることになり、「売り」のシグナルと考えられています。

(3) 実行指定ダイアログから制御
(図tp03-1 リボン表示例)


(図tp03-2 制御ダイアログ表示例)



(4)移動平均線チャート例
(図tp03-3 移動平均線チャート例)




【戻る】    【HPへ】