[10] tp02-ローソク足の使用方法
tp02 ローソク足

(1)ローソク足とは
 ローソク足は、株価の値動きをローソクの形をした記号で表示したチャー
トで、株価の動きを容易に把握することができます。日本で生まらた解析
法ですが、近年になってそのわかりやすさが海外でも認められています。日
本より歴史も古くさまざまな分析法があるアメリカ株式市場でも、株価表記
方法として使われ、その名もズバリ「キャンドルチャート(Candle chart)」
と呼ばれているそうです。
 Excelでも株価チャートとしてこのローソク足を作成できます。Excel95で
は折れ線グラフに含まれていた株価チャートですが、Exce197以降は1つのグ
ラフの種類として扱われており、誰でも容易にExcelでローソク足チャートを
作成することができます。

(2)ローソク足の見方
1つのローソク足で始値、高値、安値、終値の4本値が表示されており、さ
らに色を見れば始値と終値のどちらが高かったかも一目でわかり感覚的に株
価の動向をつかむことができます。

(3) 実行指定ダイアログから制御
(図tp02-1 リボン表示例)


(図tp02-2 制御ダイアログ表示例)



(4)ローソクチャート例
(図tp02-3 ローソクチャート例)




【戻る】    【HPへ】