【目次】  前p2-31<<【p2-32】>>次p2-33
 
●まえのばた
・『まえのばた』、風越山の一番麓、「さんど」の右の斜面、風化の小道を登った所にやや緩斜面の草原がある。
中央には抜き出したた石(黒い水成岩)が散乱しており、ソラミ(オオナラ)の大木が生えている。この木には熊がのぼり枝を
折って巣状の棚を作っている時期がある。
 
草原の両端は丈の短いハンノキなどの喬木が密集しており、その林縁のぢくぢくしたところには、ゼンマイが多く生える。
草原には肥えたワラビが多くあり、上の草力ツパから肥料分が流れてくるせいか、肥沃の土地である。
右上は西窪でその堺に小さな川が流れている、草原の外れの急斜面になった辺りが断層の通過地点で、この断層の上は
黒い石の古生層、下側は極風化した伊那川花崗岩で約70メートルくらいの高さの崖になっている。
 
『まえのばた』 の南にも崖がありここは黒石の古生層が風化した崖で、小川の傍の小石が堆積している所などには、白根の
深さ2〜30センチもあるウドが群生している。(今はどうか?)。此れらの風化した小石は、古代に伊那川花崗岩が地殻から
噴出して突き上げて来たときの熱や動力エネルギーによって粉砕され風化を速めたもので有る。
 
『まえのばた』は幅やく70メートル位の断層線の上に位置している。右上には平らが有り、炭窯の跡がある。その直ぐ上に
平成林道が開削されている。(大和時代の末「木曽古道」が開かれてから、1300年を経ている)。
 
「前の畑」草原の下部林縁には、丈が短い藤が多数あり、五月の末になると紫で鮮やかな花を付ける、見事な眺めである。
「前の畑とよむと、前ではない畑(焼き畑)が有ったか、否、前野の畑(焼き畑)の意か、すると、前野以外の畑(焼き畑)
は何処にあったのか?探して見たくなるがだめか?」 何れにしても、興味の深い土地である。
 
 
記事:
・『まえのばた』は聞いたことはるが、行った記憶がないので、風越山のどの当たりなのかイメージがワカナイ。
 
 
 
【ページTop】  前p2-31<<【p2-32】 >>次p2-33