【ガンバレ御嶽海Top】

御嶽海 関連記事の拾い読み



御嶽海初優勝「市民タイムス号外」. 2018/07/21

御嶽海初優勝「市民タイムス号外」の記事ページです。 ... 広告のご案内. ホーム ・ スポーツ; 御嶽海初優勝「市民タイムス号外」.
スポーツ. 御嶽海初優勝「市民タイムス号外」. 2018/07/21.

<もっと読む>


御嶽海、初優勝 平成生まれの日本勢初 【中日新聞】2018年(平成30年)7月23日(月)
相撲名古屋場所(中日新聞社共催)十四日目は二十一日、名古屋市中区のドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で行われ、
西関脇の御嶽海(25)=本名大道久司、長野県上松町出身、出羽海部屋=が栃煌山を寄り切りで下して13勝1敗とし、
千秋楽を待たずに初優勝を決めた。
<もっと読む>


関脇・御嶽海が初優勝 秋場所、大関取りへ 【産経ニュース】2018.7.21 17:44更新
大相撲名古屋場所14日目は21日、名古屋市のドルフィンズアリーナで行われ、関脇御嶽海(25)=本名・大道久司、長野県出身、
出羽海部屋=が初優勝を決めた。平幕栃煌山を破って13勝1敗とし他力士に星の差2つ以上をつけ、千秋楽を待たずに賜杯を手にす
ることが確定した。
<もっと読む>


【産経新聞号外】御嶽海が初優勝[PDF]

<もっと読む>



御嶽海が初優勝 日本出身8場所ぶり【毎日新聞】2018年7月21日
関脇・御嶽海が平幕の栃煌山を降して13勝1敗とし、千秋楽を待たずに初優勝を決めた。御嶽海は25歳で、平成生まれの
優勝は2015年夏場所を関脇で制した照ノ富士以来2人目、日本出身力士としては初めて

<もっと読む>


御嶽海が初優勝 長野出身力士で初の賜杯 大相撲【朝日新聞】2018年7月21日
御嶽海が初優勝 長野出身力士で初の賜杯 大相撲【朝日新聞】2018年7月21日
大相撲の西関脇御嶽海(25)=本名大道久司、長野県出身、出羽海部屋=は名古屋場所(ドルフィンズアリーナ)14日目の21日、
平幕栃煌山との対戦で勝ち、13勝目(1敗)を挙げた。2敗力士はおらず、千秋楽を待たずに初優勝を決めた。長野県出身力士の
優勝は、1909(明治42)年夏場所の優勝制度設定以降で初めて。学生相撲出身者では7人目だが、東洋大勢としても初めてと
記録ずくめの栄冠となった。
<もっと読む>



御嶽海、初の敢闘賞 来場所小結の可能性(信濃毎日新聞[信毎web] 2016/05/23)
大相撲西前頭8枚目の御嶽海(本名・大道久司、木曽郡上松町出身、出羽海部屋)が22日、東京・両国国技館で千秋楽を迎えた
夏場所で、東前頭13枚目の大翔丸を下し、幕内自己最多の11勝目を挙げて11勝4敗とし、初めての三賞となる敢闘賞を
受賞した。幕下付け出しから所要8場所での三賞獲得は輪島、舞の海らを抜き史上8位の速さ。県出身力士が三賞に選ばれる
のは、1951(昭和26)年夏場所で東前頭14枚目の大昇(おおのぼり)(北佐久郡軽井沢町出身)が敢闘賞を受けて
以来65年ぶり2度目。
<もっと読む>


大相撲 御嶽海がインフルエンザで休場(NHK NEWSweb 2016年 平成28年1月17日)
 大相撲初場所で、平幕の御嶽海が、インフルエンザのため、8日目の17日から休場することになりました。
御嶽海は、幕内2場所目の今場所、西の前頭10枚目でここまで3勝4敗でしたが、インフルエンザに感染したため、8日目の17日、
日本相撲協会に休場を届け出ました。
師匠の出羽海親方によりますと、御嶽海は17日朝、のどの痛みを訴えて稽古を休み、国技館内の診療所で診察を受けた結果、
インフルエンザに感染していることが分かったということです。
<もっと読む>


「御嶽」堂々 信州の期待 木曽農協など御嶽海に化粧まわし(信濃Web 2016/01/07)
 木曽農協(本所・木曽郡木曽町)や県農協中央会などは6日、大相撲幕内の御嶽海関(本名・大道久司、木曽郡上松町
出身、出羽海部屋)に化粧まわしを贈った。県内からの化粧まわしの贈呈は初めて。東京都内のホテルで開かれた贈呈式
で、御嶽海関は「新年早々頑張れる気持ちになるし、立派な化粧まわしに恥じない成績を残したい」と感謝した。
<もっと読む>


御嶽海、新入幕決定 「いよいよ大海へ」 歓喜の木曽で膨らむ期待(信濃Web 2015/10/27)
大相撲九州場所の番付発表で新入幕が決まった御嶽海関(本名・大道久司、出羽海部屋)の出身地の長野県木曽郡上松町
などでは26日、関係者らに喜びの声が広がり、39年ぶりとなる県出身の幕内力士の活躍に期待が膨らんだ。
<もっと読む>


御嶽海関「突っ走るだけ」 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)(2015/10/27)
大相撲九州場所(11月8〜22日)の番付が26日に発表され、上松町出身の御嶽海みたけうみ関(22)は十両から西前頭
11枚目に昇進し、新入幕を果たした。県出身の幕内力士の誕生は、佐久市出身で1972年に幕内昇進した大鷲おおわし以来、
43年ぶり。福岡県内で記者会見した御嶽海は「うれしい。自分ができる相撲で突っ走っていくだけ」と話し、九州場所への闘志
をみなぎらせた。
<もっと読む>


電子版号外(PDF号外) - 信濃毎日新聞
御嶽海、新十両V. 2015年07月25
<もっと読む>


御嶽海久司 経歴 (ウィキペディア サイト)
 御嶽海 久司(みたけうみ ひさし、1992年12月25日 - )は、長野県木曽郡上松町出身で出羽海部屋所属の現役大相撲力士。
本名は大道 久司(おおみち ひさし)。身長179cm、体重149kg、血液型はO型。得意技は突き・押し。
自己最高位は西十両12枚目(2015年7月場所)。
<もっと読む>


御嶽海、無傷の5連勝!逸ノ城以来の新十両Vへ(YAHOO ニュース・スポーツ)
新たなスター候補の勢いは止まらない。新十両の御嶽海は元幕内の翔天狼を終始、押し込んで圧倒。初日からの
連勝を5に伸ばし「最後、張られたので、あんまり覚えていないけど、押し切ったので良かったと思う」とざんばら髪
をなびかせ、さわやかな笑顔を見せた。
<もっと読む>


十両昇進、活躍願い横断幕 「後輩」の上松小6年生、発案(信濃毎日新聞)
 木曽郡上松町の上松小学校の児童や教職員が、同校出身で大相撲名古屋場所を新十両で迎える御嶽海
(みたけうみ)(本名・大道久司、出羽海部屋)を応援する横断幕を作った。発案した6年生34人は9日、観戦に
行く町の総合型地域スポーツクラブ「木曽ひのきっ子ゆうゆうクラブ」の小林治美理事長(66)に同校で託した。
<もっと読む>


「がんばれ御嶽海」上松小児童が横断幕(中日新聞)
大相撲名古屋場所が十二日に初日を迎えるのを前に、新十両の御嶽(みたけ)海(上松町出身、出羽海部屋)を
応援する横断幕を上松小学校の児童たちが作り、九日、名古屋場所初日に応援に向かう人たちに手渡された。
「がんばれ 御嶽海」と書かれ、児童たちのメッセージも添えて先輩の活躍を期待している。
<もっと読む>


電子版号外(PDF号外) - 信濃毎日新聞
御嶽海、十両昇進. 2015年04月19
<もっと読む>



【ホーム】