1-4 Excel 2016の設定 or 操作の覚書
ここに記述の内容は特にエラー発生の事柄ではありません、通常Excel2003を使用しているが、
Excel 2016を始めて使って不便な点があったら、対応内容を記録します。

Excel2007/2010も5年ほど前から持っているが、まだ使用していない、本ページは今だにExcel2003
の愛好者がボツボツExcel2007を使い始めようと思っている方に喜ばれると思うコーナーです。


(1)Excel 2016 で変更された「既定フォント」を以前に戻す
Excel 2016 ではセルへ文字入力すると適用される「既定フォント」が「MS Pゴシック」から「游ゴシック」に変更している。

株価解析の必要があり、銘柄コード6752をWebより取得したが、左図のよに行幅が大きくなり、たった20日分の取得でも全
データを表示できなかった。今後も不便なのでExcel2003と同じ「MS Pゴシック」にして約30行見えるように設定を変えた。

【図1-41a】フォント「游ゴシック」の表示、【図1-41b】フォント「MS Pゴシック」の表示
  

---------------------------------------------------------------------
Excel2003と同じフォントに戻す方法は、「ファイル」→「オプション」で→「基本設定」画面が開きます。
「新しいブックの作成時」の『次を既定フォントとして使用』のプルダウンメニューから「MS Pゴシック」を選択【図1-4c】参照
「OK」ボタンをクリックで、Excelを閉じてから再起動のメッセジがでるので、1度Excelを閉じて再度開けば設定終了です。

【図1-41c】「MS Pゴシック」を設定画面




(2) コピーメソッドを実行した場合、解除方法が一部変わっています
下図は、F列データをコピーしてI列に貼り付けた例です。コピー元の選択したセルはコピーが解除になるまでは、囲まれた
点線が回っています。この解除方法は@[Esc]キークリック、A空いているセルを選び[Delete]キークリック、の2通りの
方法がありました。しかしAはExcel2016で[Delete]キークリックでコピーが解除されなくなくなりました。。




Excel2016で変更になった件を自動記録で確認しまた。
Macro1は、Excel2003/2010の自動記録で、[Delete]キーを押した時点で、 Application.CutCopyMode = False 及び
Selection.ClearContentsが実行され、コピーモードは解除されています。

しかし、Excel2016のMacro2の記録では、[Delete]キーを押しても、 Selection.ClearContents のセルデータ消去のみで
コピーモードは解除はありません。したがってExcel2010までと異なり、前記述のAは使用できません。

Macro3は[Esc]キーを押したケースの自動記録であり、Excel2003/2010/2016で問題ない。したがって、Excel2010の
自動記録でマクロを作成した場合、Excel2016で不具合が発生するので、コピ解除は[Esc]キー使用が望ましい。

'Excel2003/3010共 Range("L2").Selectで[Delet]キー押した例
Sub Macro1()
    Range("F3:F22").Select
    Selection.Copy
    Range("J2").Select
    ActiveSheet.Paste
    Range("L2").Select
    Application.CutCopyMode = False
    Selection.ClearContents
    Range("M5").Select
End Sub
--------------------------------------------------------------------
Excel2016 Range("L3").Selectで[Delet]キー押した例
Sub Macro2()
    Range("F3:F22").Select
    Selection.Copy
    Range("J3").Select
    ActiveSheet.Paste
    Range("L3").Select
    Selection.ClearContents
    Range("P7").Select
End Sub
-------------------------------------------------------------------
Excel2003/3010/2016共 Range("J3").Selectで[Esct]キー押した例
Sub Macro3()
    Range("F3:F22").Select
    Selection.Copy
    Range("J3").Select
    ActiveSheet.Paste
    Application.CutCopyMode = False
    Range("N8").Select
End Sub




(3) Excel2016で特殊関数の実行が遅い場合がある
Excel2016は手持ち3台のPCのうちあまり使用していない一番古いノートPCへ入れた。プロセッサ:2.40 Ghzであり、
他の2台の3.00 GHz より遅いので性能から見ても遅いのはしょうがないが(実装メモリ(RAM):2.00 GBは3台同じ)、
特殊関数(例:=RSS|'6472.T'!最良売気配値1、楽天証券のリアルタイムデータ取得)の実行が、普通数秒で表示するが、
Excel2016では3分以上掛かる場合があり、リアルタイムのソフトとして使用できないことがある。

※ 考えられる以下の対策は実行したがまだ直っていない。直ったら後日ここに対策を追加します。

【図1-43a】特殊関数が実行されないケース例
>
左図のエラー表示が、再度立ち上げると
なおり、以降は異状でなく数秒で表示。






(3) -1 ファイルの拡張子を、xls→xlsm に変える
Excel2003で作成したxlsファイルを、Excel2010/2016で使用する場合、動作上は何も問題ないが、xls→xlsm に変換する
と容量が約半分になります。ファイル容量の関係とおもうが、開く時間はxlsmの方が早く感じる。
下図のKIデイトレードの例では、xls 1.1MBが xlsmでは0.45MBの半分以下になった。

【図1-43b】xls→xlsmで容量が半分以下になる


(3)-2.テンポラリファイルなどの余分はファイルを消し空き容量を増やす
Excel2016のせいか、PCの性能が悪いせいか判らないが、よぶんなファイルが溜まって、パソコンの空き容量を大幅に占有
している場合は実行速度が遅くなるようなので、不要ファイル削除を数年間実行してないので、
「テンポラリ(temporary (temporary =一時的な)ファイル」を消去する事にします。

※「tmpファイル」を削除する方法
[Windows]ボタン→コンピュータをクリックし、「Cドライブ(※)」を選んでいる状態で右クリックして「プロパティ」を選択。
「ディスクのクリーンアップを」選ぶ(下図参照)。(この説明はWin10を持っていないので、Win7です)

【図1-43a】Cディスクの容量


削除するファイルの一覧が表示されます。この一覧にある「一時ファイル」をチェックして「OK」をクリックすれば、
自動的に不要なファイルを削除してくれます

【図1-43b】「一時ファイル」をチェック





【戻る】    【HPへ】